【市場規模】黒板(#2) <出所>

2月8日から、より多くの皆様にコロナ禍およびアフターコロナ(2020年以降)の最新の市場規模マップを無償にてご覧いただくため必要となる費用を捻出するクラウドファンディングを、クラウドファンディングサイトREADYFORにて開始いたします(詳細につきましてはこちら)。

支援募集ページは こちら となります。

ご支援のほどよろしくお願いいたします。

黒板(#2)の市場規模 算出に使用したデータの出所

※上記出所がリンク切れの場合の予備リンク

※市場規模算出方法についての補足

以下の(引用1),(引用2)に示す差異(2017年調査では黒板類が事務用品の集計対象品目に含まれ、2016年調査では含まれない)を市場規模算出に利用。両調査における同一年データ(実績値データ)について、
[2017年調査における事務用品の市場規模] – [2016年調査における事務用品の市場規模] = [黒板類の市場規模]
であると仮定してこれを算出した。
なお、上記2017年調査(結果サマリー)の元資料となる、「2017年版 文具・事務用品マーケティング総覧」の内容紹介ページ の「第Ⅱ章 品目別市場動向」に、「黒板類(黒板、ホワイトボード、掲示板)」と記載があるため、黒板類の中に電子黒板は含まれないものと思われる。

(引用1)
以下、市場規模定義に関する「文具・事務用品市場に関する調査を実施(2017年)」からの引用。ただし赤色下線は2016年調査(引用2を参照)との差異箇所を示すため、visualizing.infoにて付記。

<文具・事務用品とは>
本調査における文具・事務用品とは、筆記具(鉛筆、万年筆、油性ボールペン、水性ボールペン、シャープペンシル、油性マーカー、水性マーカー)、紙製品(ノート、学習帳、手帳類、封筒、アルバム、ルーズリーフ、レポート用紙)、事務用品(ファイル類、粘着テープ、印章類、ラベル類、事務用のり、黒板類、修正用品、カッター、ステープラー、消しゴム、文具はさみ、電子文具〔ラベルライター他〕、電子辞書)の3分野27品目を対象とする。なお、水性ボールペンにはゲルインキボールペンを含む。

(引用2)
以下、市場規模定義に関する「文具・事務用品市場に関する調査を実施(2016年)」からの引用。ただし赤色下線は2017年調査(引用1を参照)との差異箇所を示すため、visualizing.infoにて付記。

<文具・事務用品とは>
本調査における文具・事務用品とは、筆記具(鉛筆、万年筆、油性ボールペン、水性ボールペン、シャープペンシル、油性マーカー、水性マーカー)、紙製品(ノート、学習帳、手帳類、封筒、アルバム、ルーズリーフ、レポート用紙)、事務用品(ファイル類、粘着テープ、印章類、ラベル類、事務用のり、修正用品、カッター、ステープラー、消しゴム、文具はさみ、電子文具〔ラベルライター他〕、電子辞書)の3分野26品目を対象とする。なお、水性ボールペンにはゲルインキボールペンを含む。