「年末年始の寿司」市場規模推計を実施(2016年)

visualizing.infoでは、「年末年始の寿司」市場の長期動向を俯瞰するため、総務省「家計調査」二人以上の世帯の「すし(弁当)」(*1)、「すし(外食)」への支出データをもとに市場規模を推計しました。

当推計では、年末年始(12月〜翌年1月)における「すし(弁当)」、「すし(外食)」への二人以上の世帯全体でみた日別の支出額(*2)から大晦日、元日前後の突出部分の値を求め、これを「年末年始の寿司」への支出総額と想定、これを市場規模として算出しています(*3)。

 

「年末年始の寿司」市場規模推移


(越年前12月の年)
二人以上の世帯
(億円)
前年比
(%)
2000 379.89
2001 347.77 -8.5
2002 396.35 14.0
2003 335.90 -15.3
2004 340.63 1.4
2005 317.99 -6.6
2006 416.31 30.9
2007 424.53 2.0
2008 388.02 -8.6
2009 349.84 -9.8
2010 376.42 7.6
2011 407.01 8.1
2012 373.01 -8.4
2013 445.66 19.5
2014 438.45 -1.6
2015 445.48 1.6

 

*1)「すし(弁当)」には、巻き寿司のほか、にぎり寿司、いなり寿司、ちらし寿司、折詰寿司が含まれます(ただし飲食店以外の持ち帰りのもの。冷凍は除く)。 出所:統計局ホームページ 家計調査 収支項目分類

*2) 1世帯当たりの日別の支出額に世帯数(総務省「労働力調査」でみた、該当月における二人以上の世帯数)を乗じることで算出しています。

*3) 市場規模の算出にあたっては、データ工房 浅田昭司氏による 科学技術振興機構「情報管理 Vol. 54(2011) No. 9 統計情報活用への招待 第6回 家計の公的統計」の「3.1 クリスマスケーキの市場規模の推定」に記載された市場規模推定法をベースとして用いています。この記事を含む 連載記事:統計情報活用への招待 は各種統計情報を活用する上で大変有用です。